きもの美人になるために

着物をキレイに着てべっぴんさん

着物買取の実態と控え目で微笑む表情について

日本には素晴らしく美しい民族衣装があります。それが着物と言うものです。なかでも振り袖は世界に誇ることのできるほど絢爛豪華で見事な民族衣装との呼び声も高いものとなっています。

日本人女性は成人式を迎えるその日に振り袖に袖を通し二十歳で大人になったことをお祝いします。また日本人は普段は洋装ですが、お祭りや花火大会などに浴衣を着る人も多い傾向にあります。浴衣はすっかり若い人の間でオシャレ着の一つとして定着しました。

そのため十代の中学生や小学生でもファッションの一つとして浴衣を着るのは当たり前になっています。こうした浴衣を経験することによって、すっかり着物の魅力にとりつかれ、さらに様々な着物に挑戦してみたいと考える若い女性も多くなっています。

しかし留袖や訪問着は洋服とは違って数千円では販売されていません。そこで着物買取りを活用し、新たな着物を購入し挑戦してみるのも良いでしょう。振り袖などは購入しても成人式や友達の結婚式に参列する時に数回袖を通す程度です。

後は箪笥に長年眠らせておくことも多く、こうした場合着物買取に振り袖を出し、現金化すると良いと言えます。着物買取では振り袖を積極的に買取ってくれます。保存状態がよく、カビや汗じみなどが殆どなく、美品であれば高額で買取ってくれることもあります。

このお金で三十万円程度の留袖や訪問着を新たに購入することもできます。着物買取業者は直接持参すればすぐに査定してくれますが、忙しい場合電話一本で自宅まで着物買取業者が出向き査定を行ってくれるところもあります。

現金化したお金で様々な着物を購入し、再び買取業者に売却すれば、また新たな着物を安く購入できチャレンジすることもできます。

若い人にとって着物美人とはどんな人を指すのか気になるところです。洋服文化が進んだ日本では若い人の間では着物の際にどのような行動や所作であるべきか分からない人も少なくありません。

着物の場合は洋服を着るのとは違い控え目な態度を求められます。大股で歩かず小幅で内股気味で歩いたり、両手の指先で軽く控え目にバッグを持ち品良く佇むことが求められます。行動全てを小さく控え目にすることが着物姿を最も美しく演出するといわれています。

また顔の表情にも注意が必要です。口元は常に歯を見せず、微笑むといったことが良いとされています。着物姿で大口を開け歯を見せて笑うことは下品とされています。着物姿で飲み物や食べ物を口にするときもおちょぼ口で控え目が美しいといわれています。