きもの美人になるために

着物をキレイに着てべっぴんさん

小物と合わせる

和服を着るには、意外といろいろなものが必要になってくるものです。着物はもちろん、帯から帯締め、そのほかにも様々なものがあるため、選ぶ楽しさはあるものの、初心者には難しいものです。現代でもいろいろなコーディネート法を紹介していますし、その人独自の着回しなどに目を奪われることも珍しくはないです。しかし着物は柄によって季節を表現することもあり、反対に時期外れの柄を着ていては違和感を覚えます。他にも着物は洋服よりも繊細な色の違いや柄の違いがあり、小物も様々です。和装をする人は合わせ方によって、おしゃれを競うことが当たり前だったといいます。

そんな和服ですから、難しさはもちろんあるとは思いますが、だからこそうまく着こなしていれば素人目でも素敵だと感じます。小物の中には、和装をしなくてもつい手に入れたくなる物もあります。着物を選ぶときはもちろん注意する点もありますが、専用雑誌などで研究することは可能です。近頃では和装についての関心が高まり、小物と合わせるなどして堅苦しい印象を与えないようにする人も多くなっています。今まではどこか大人の女性や、何か特別な時に着るという印象だった着物を、気軽に楽しみましょう。これまでとは少し異なるおしゃれを、ぜひ楽しんでほしいです。

和装を選ぶのは確かに色々と考える点もあり、組み合わせを考えるのは難しいかもしれませんが、ある程度ポイントがあります。まず、帯揚げは着物、帯占めは帯に合わせて選ぶと素敵になるといいます。この帯締めと帯揚げはセットで売っていることが多いのですが、何もこの二つを必ず同色にする必要はないのです。むしろ違う色であった方がおしゃれだと割れているため、迷った時はお店の人に相談してみてください。

和装に慣れた人でもコーディネートするのは難しく、微妙な色合いを見るために着物を持ち、お店で合わせることもあるため、恥ずかしがることはないです。この帯にはこの小物が似合うなど、トータルバランスを考え相談に乗ってくれるため、ぜひ店員さんの意見を聞いてみるべきです。徐々に慣れてくれば動物をあしらった柄や、遊び心のあるタイプもあるため、試してみても面白いかもしれないです。動物の柄にどんな小物を合わせるか、選ぶ楽しさを味わえます。こんな風に、正装としての役割だけではなく、普段着として着ても楽しめるのです。バッグやショールはもちろんのこと、扇子や髪飾りは洋服などの普段着にも似合うものが多いですし、尻込みせずにお店を覗いてみてください。きっと素敵な出会いができるはずです。