きもの美人になるために

着物をキレイに着てべっぴんさん

ヘアースタイルと合わせる

着物を着用するとなると、どうしても気になるのがヘアースタイルです。せっかく着物を着用するのだから、着物に似合うヘアスタイルで着物を着たいところです。現代では、アップスタイルやショートスタイルといった髪型を行ってはいるものの、実際に着物を着用するとなると、どのようなものが良いのか迷ってしまいがちです。ヘアースタイルと合わせる着物を選びをする事で、雰囲気を一気に変えてしまう事ができるので、今回はヘアースタイルと着物を合わせた着用の仕方のちょっとしたコツのお話をします。

ヘアースタイルと着物を合わせるには、まずは髪飾りなどの小物を上手く揃えるというのがコツで、華やかな着物を用意しているのに、頭周辺の飾りが地味なものというのは、非常にもったいない着こなし方になってしまいます。ヘアスタイルには個人差があるので、まずは髪の長い方の場合からご紹介すると、髪の長い方の場合には、アップスタイルがかなりお勧めです。和風のデザインのアクセサリーや、髪留めなどを使用し、できるだけ着用する着物と相性の良い色、そしてデザインを選んで飾るのが良く、和風のものを選んで飾るとより見栄えの良い印象になります。例えば黒い着物に対し、黒の髪飾りなどは相性が良く、整った印象になります。

着物の場合、帯の色がかなり目立つタイプのものであるのであれば、帯の色にあわせてヘアアクセサリーを選ぶのもかなり良いのですが、別のパターンとして、柄の色と合わせるというパターンもあります。柄がとても大きな着物の場合は、着物の元々の色よりも柄の色の方が目立っているという事もあるので、できるだけ自分の着る着物を客観的に見て、外さない色を選ぶのが良いです。また、ショートヘアの場合ですが、ショートヘアの場合にどうしてもアップスタイルを楽しみたいという場合には、専用のウィッグを装着すれば、好きな長さのアップスタイルを楽しむことができます。

アップスタイル専用の付け外しのできるウィッグは多く販売されていますから、そういったものを探し、アクセサリーと共に装着すると、着物らしい着用の仕方ができます。ウィッグが苦手という場合には、ショートでもできるアップヘアの作り方をし、でヘアピンなどを使いながら和風のアクセサリーを取り入れ、色も着物に合わせたものを上手く活用すると良く、着物らしい着こなし方をする事ができます。また、現在持っている着物に関してどうしても全体を覆う色が気に入らないなどが出てきた場合、着物を買い換える事で新しいファッションを楽しむことができます。