きもの美人になるために

着物をキレイに着てべっぴんさん

きもの美人になるために

着物は日本の伝統的な民族衣装です。その歴史は、縄文時代の貫頭衣にまでさかのぼります。飛鳥時代の唐文化の影響や平安時代の鮮やかな十二単を経て、安土・桃山時代に現代の着物の形は確立します。江戸時代には更に発展を遂げますが、明治時代の明治維新に西洋文化が流れてきて、それ以降は洋装が流行するようになります。やがて洋装が一般化し、着物を着用する機会は減少して行きますが、現代ではアンティークや和柄が若い世代にも人気となり楽しむ人も増えています。日本には、お正月や七五三・結婚式・成人式など四季を通じて着物を着る機会が多々あります。

しかし値段が高そう、着付け方が分からない、苦しそうなどと言うイメージから敬遠する人も多いものです。そこでまずは浴衣から慣れていくことをおすすめします。浴衣ならば値段も手頃で着付けも簡単ですし、帯が苦しいこともありません。またお手入れも、洗濯機での丸洗いが出来ます。身近な店舗で購入が出来、浴衣と帯・下駄がセットになって売られているためコーディネートに悩むこともありません。浴衣と言えば夏の花火大会が挙げられますが、その他にもショッピングやランチなどちょっとしたお出掛けに着て行くことも出来ます。

浴衣の着付け方は、着物教室へ習いに行くと言う方法もありますが、それほど難しくないので、時間がないと言う方はインターネットの着物紹介サイトなどを参考に自分で学ぶ方法があります。着物について取り上げているサイトは意外と多く、必要な道具から着付けの手順まで写真などと共に細かく掲載しているサイトもあります。特に着物通販サイトは、着付け方を学べると同時に販売もしているためおすすめです。浴衣に少しづつ慣れて来たところで、小紋や紬などのカジュアルなきものに挑戦してみます。浴衣と比べると着付け方もやや難しくはなりますが、近頃では洗濯機で丸洗い出来るものもあり、少しくらい汚れても安心です。カジュアルな着物に慣れると、訪問着や振袖など改まった席にも臆することなく着られるようになります。

ところで、きもの美人になるために3つのポイントがあります。一つ目は足元をやや内股にすること、二つ目は上体をしっかりと保つこと、三つ目はスラリと伸びた首のラインです。この三点に気を付けるだけで着物姿は見違えるほど美しくなります。また姿勢や歩き方・しぐさなどの立居振舞の美しさも大切です。堂々と粋に着こなすことが出来たら素敵です。

不要になった着物がありましたら、着物買取を利用し買い取ってもらうこともよいと思います。

What's New

2016/03/04
着物買取の実態と控え目で微笑む表情についてを更新しました

2015/10/15
お見合い・緊張の席での大切な振袖は信頼できる着物買取店にを更新しました

2014/09/11
ちょっとしたお出かけで・・・を更新しました

2014/09/11
時代を織り交ぜて・・・を更新しました

2014/09/11
小物と合わせるを更新しました

2014/09/11
ヘアースタイルと合わせるを更新しました

2014/09/11
シーンに合わせて着こなすを更新しました

2014/09/11
きもの美人になるためにを更新しました

2014/09/11
きもの美人になるためにを更新しました

2014/09/11
きもの美人になるためにを更新しました